サイトスワップ掲示板

第10回サイトスワップシンポジウムのお誘い

No.36: 2011-09-29(木) 00:37:47
投稿者: にしの
JJF2011代々木にて、10回目のサイトスワップシンポジウムを開催します。例年通り2日目(10月9日日曜)の昼、13:00からです。「研修室」です。場所も例年通りがんばって探してくださいませ。
奮ってご参加ください。

正式名称は、[SSSa] です。

[SSSa]まとめ

No.37: 2011-10-10(月) 01:41:53
投稿者: いのけん
初参加させてもらいましたいのけんです。
今回の議題のまとめを書きます。

2011/10/9 13:00~ 第一研修室にて
参加者7名

議題
1、「サイトアタック25」(byセバスちゃん)
空中のチェスがコンセプトのゲームの紹介。2人が交互に3ボールのサイトスワップを投げ5×5マスのパネルを埋めていき、先に1列そろった人の勝利となる。

2、「ジャグリング対消滅」(byセバスちゃん)
この世には常にサイトスワップが発生していて、突如あらわれた正の数のサイトスワップに対しそれを補完するための負の数のサイトスワップも存在するはずであるという理論。

3、「Juggloid」(byフレディさん)
クラブパッシングシミュレータの紹介。3Dでいろいろな角度から見れたり、マルチやシンクロ等のトスや多人数パッシングもシミュレートできる。

4、「サイトスワップポーカー」(by加藤さん)
サイトスワップを取り入れたポーカーの紹介。手札を並び替えてサイトスワップになればそうでない従来の役より強いという追加ルールを採用。
このゲームの問題点
①サイトスワップ制約下での各役での出現確率は?
②出現確率による役の強弱は?
③配られた手札による戦略は?
④ワイルドカードを1枚追加すると①②③は?
⑤ワイルドカード所持時にジャグリング可能になるか?(必ずなるということで解決済み)
⑥⑤の一般化でn個の任意の整数に対し適当な整数を1つ選びそれらを並び替えたものの中に必ず1つはジャグリング可能となるものが存在するかどうか。

5、「カスケードの仲間」(by西野さん)
522が3に近いものとして既存のサイトスワップから0や2を挟み、周期を長くしたものに変換するアルゴリズムの紹介。

6、「サイトスワップの辞書的多義性」(by森下さん)
サイトスワップという言葉はいろいろな意味で使用されることがあり、その用途を例文と共に紹介。

7、「もしサイトスワップが1000ページの本だったら」(by森下さん)
1000ページの本には500の見開きがあるが、それらがもつ両ページのページ数がサイトスワップかどうかの確率を紹介。

8、「サイトスワップ通信」(by加藤さん)
サイトスワップ数列を通信の符号語として役立てられないかという理論。

議事録を載せました

No.42: 2011-10-15(土) 12:18:40
投稿者: 加藤
サイトスワップシンポジウムのページに議事録を載せました。ご確認ください。

多少修正していますが、いのけんさんがうまくまとめてくれていたので助かりました。仕事も早いし。

掲示板に戻る