メイン掲示板

役員候補者公示

No.3173: 2019-10-10(木) 10:59:24
投稿者: 事務局
公示
日本ジャグリング協会正会員の皆様

日本ジャグリング協会の今年度役員候補者が決定しましたのでここにお知らせいたします。
なお、役員選挙を10月12日(金) JJF2019期間中の総会にて行います。

理事候補(8名) ※届出順
・吉永裕紀
・浦和 新
・米屋 遊
・小野嶋 勇介
・星野充宏
・井出眞莉乃
・小野口貴仁
・西野 順二

監事候補(1名)

・松岡寿典


【所信】

吉永裕紀氏

こんにちは、吉永と申します。
私は高校生の頃に兵庫県でジャグリングをはじめ、あれから10年以上が経ちました。

JJF関連では、2017年からJJFの小ブース運営に、2018年から日本ジャグリング協会の実行委員として携わらせていただいております。
この度は実行委員での経験を基に、協会の運営に寄与したく理事に立候補いたします。
着任いたしましたらJJF担当理事として協会及びJJFの運営に尽力したいと考えています。

以下の1点を所信といたします。
◆JJF と チャンピオンシップ の安定開催
JJFはこの二十年以上にわたり日本で最大級のジャグリングイベントで、ジャグリング界の発展に大きな貢献を続けてきました。
一方、JJFの実行委員はボランティアスタッフから成り立っているため、万が一環境がうまく整わなければその存続が危ぶまれてしまう可能性があります。

それを改善するために昨年度よりJJF長期委員会が発足し、数年先のJJF会場調査やJJFの長期的デザインを考えてゆく活動が始まりました。
私は今後、イベントの長期運営のための業務の効率化、及びイベント運営人員の育成を行うことで、まずは運営のスリム化を図りたいと思います。
そしてJJFへご来場いただいている皆様にとって、JJFを価値の高いイベントにするべく、現状の課題調査・企画推進を実施したいと考えています。

理事に立候補するのは初めてですが、今まで継続されてきた運営を次世代に良い形で引き継げるように、そして会員の皆様の役に立てるよう努力して参ります。
以上、よろしくお願いいたします。


浦和新氏

昨年度から理事をさせていただき、どのようにその仕事をしていくのか身を持って経験させていただきました。
著作権・広報・検定関係などを担当させてもらい、本年度も継続及び発展を目指していきたいと思っています。
なにか少しでも人生が豊かになったり幸せになったり、というものの一つとしてジャグリングもあると認知してもらいたいなと思い始めて最近は活動していますので、ジャグリング協会でもその方向で進んで関わらせていただきたいと思います。
また、昨年度は余裕が比較的あったこと、そして要領がわかってきたことからも本年度はもっと積極的に仕事をさせていただけたらと思います。
皆様よろしくお願いいたします。


米屋遊氏

 前任の植野理事より日本ジャグリング協会誌Shall We Juggle?(以下、SWJ)担当理事を引き継ぎました、米屋遊です。

 SWJの編集には2007年より関わっており、全国のジャグリングサークル情報をまとめている「Juggling Yellow Page」をはじめとするSWJ特集の企画立案、編集などをやっております。

 2018年度の振り返りです。所信表明としては二つ掲げておりました。

1 日本ジャグリング協会の歩み、Japan Juggling Festival(以下、JJF)の歩みをまとめ、残すこと

  『Shall We Juggle? vol.60 JJF2018特集号』は予定通り発行されました。
  また、SWJ編集部で撮影した写真及び動画データについては、一定の手続きを経た上で演者の方ご本人にのみ配布できるようになりました。

2 日本ジャグリング協会誌でしかできない、ジャグリングをより楽しめる企画を立案発表していくこと

 こちらに関しては、2018年度中には実現することができませんでした。申し訳ございません。
 理由としては、編集部員の拡充がうまくいかなかったことが挙げられます。
 来年度は編集部員の拡充を図れるよう、行動したいと考えております。


以上を踏まえ、2019年度の所信表明は次のことを考えております。

1 日本ジャグリング協会の歩み、Japan Juggling Festival(以下、JJF)の歩みをまとめ、残すこと
   JJF2019もきちんと取材し、皆さんの楽しい思い出が年を経ても思い出せるような内容で発行します。
  また、SWJ編集部で撮影した過去の映像資料の整理、編集に関して、今後の理事会で提案し、対処できるよう働きかける所存です。

2 SWJ編集部員の拡充と編集システムの再構築
  2018年度は1名の新編集部員を加えることができましたが、今後も継続して編集部員の拡充と編集システムの再構築を進めて逝きたいと考えております。


小野嶋 勇介氏

こんにちは、フレディです。これまで2年間理事を務めてまいりました。主に行ったことは:

- 2年間の審査委員候補の公募によって、5名が新たに審査委員候補となりました。
- チャンピオンシップの出場申込から予選結果発表までの期間を2週間短縮し、出場申込者の負担を軽減しました。

今年の所信として、チャンピオンシップの安定運営に努めます。具体的には:

1. チャンピオンシップ運営知識共有
この2年間で培ってきたチャンピオンシップ運営に関わる知識・ノウハウを他の理事と共有し、属人化を解消します。
2. 審査委員候補の公募の継続
引き続き推薦と公募の両方を行い、審査に必要な人員を確保します。また公募に際して:
2-1. 大まかな選定基準を提示することで応募しやすくします。
2-2. 審査委員候補者の倫理規定を、必要な部分は残しつつ簡約化し、応募者の負担を軽減します。具体的には、日本ジャグリング協会倫理規定との重複を解消します。
皆様のご応募お待ちしております。

関連ツリー

【1】 役員候補者公示 No.3173 事務局 2019-10-10(木) 10:59:24
役員候補者公示(続き) No.3174 事務局 2019-10-10(木) 11:03:17
Re: 役員候補者公示(続き) No.3175 事務局 2019-10-10(木) 11:05:53

掲示板に戻る